今日の買取件数:40件/今月の買取件数:600件/累計買取件数:24,686件

【ご多用中恐れ入りますが】と【ご多用中恐縮ですが】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「ご多用中恐れ入りますが」(読み方:ごたようちゅうおそれいりますが)と「ご多用中恐縮ですが」(読み方:ごたようちゅうきょうしゅくですが)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ご多用中恐れ入りますが」と「ご多用中恐縮ですが」という言葉は、どちらも忙しいのに申し訳ないと伝えることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




  1. 「ご多用中恐れ入りますが」と「ご多用中恐縮ですが」の違い
    1. 「ご多用中恐れ入りますが」と「ご多用中恐縮ですが」の意味の違い
    2. 「ご多用中恐れ入りますが」と「ご多用中恐縮ですが」の使い方の違い
    3. 「ご多用中恐れ入りますが」と「ご多用中恐縮ですが」の使い分け方
    4. 「ご多用中恐れ入りますが」と「ご多用中恐縮ですが」の英語表記の違い
  2. 「ご多用中恐れ入りますが」の意味
    1. 「ご多用中恐れ入りますが」とは
    2. 表現方法は「ご多用中恐れ入りますがよろしくお願いいたします」「ご多用中恐れ入りますが何卒」
    3. 「ご多用中恐れ入りますが」の使い方
    4. 「ご多用中恐れ入りますが」はクッション言葉
    5. 「ご多用中恐れ入りますが」は目上の人に使える
    6. 「ご多用中恐れ入りますが」の注意点
    7. 「ご多用中恐れ入りますが」の類語
  3. 「ご多用中恐縮ですが」の意味
    1. 「ご多用中恐縮ですが」とは
    2. 表現方法は「ご多用中恐縮ですがよろしくお願いいたします」「ご多用中恐縮ですが何卒」
    3. 「ご多用中恐縮ですが」の使い方
    4. 「ご多用中恐縮ですが」はクッション言葉方
    5. 「ご多用中恐縮ですが」は目上の人に使える
    6. 「ご多用中恐縮ですが」の注意点
    7. 「ご多用中恐縮ですが」の類語
  4. 「ご多用中恐れ入りますが」の例文
  5. 「ご多用中恐縮ですが」の例文

「ご多用中恐れ入りますが」と「ご多用中恐縮ですが」の違い

「ご多用中恐れ入りますが」と「ご多用中恐縮ですが」の意味の違い

「ご多用中恐れ入りますが」と「ご多用中恐縮ですが」の違いを分かりやすく言うと、「ご多用中恐れ入りますが」よりも「ご多用中恐縮ですが」の方が丁寧な表現という違いです。

「ご多用中恐れ入りますが」と「ご多用中恐縮ですが」の使い方の違い

一つ目の「ご多用中恐れ入りますが」を使った分かりやすい例としては、「ご多用中恐れ入りますが進歩状況の報告をお願いいたします」「ご多用中恐れ入りますがご返信いただけますと幸いです」「ご多用中恐れ入りますがご検討のほどよろしくお願いいたします」などがあります。

二つ目の「ご多用中恐縮ですが」を使った分かりやすい例としては、「ご多用中恐縮ですが業務目標の見直しをお願いいたします」「ご多用中恐縮ですがご出席いただければ幸いです」「ご多用中恐縮ですがお時間を割いていただけないでしょうか」などがあります。

「ご多用中恐れ入りますが」と「ご多用中恐縮ですが」の使い分け方

「ご多用中恐れ入りますが」と「ご多用中恐縮ですが」はどちらも忙しいのに申し訳ないと伝えることを意味しており、大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「ご多用中恐れ入りますが」よりも「ご多用中恐縮ですが」の方が丁寧な表現という点です。

したがって、かしこまった場面においては、より丁寧な表現である「ご多用中恐縮ですが」の方を使うようにしましょう。

「ご多用中恐れ入りますが」と「ご多用中恐縮ですが」の英語表記の違い

英語圏には敬語表現がないので「ご多用中恐れ入りますが」も「ご多用中恐縮ですが」も直訳した表現はありませんが、近い表現として「would you be so kind as to」「I will trouble you」などがあります。

「ご多用中恐れ入りますが」の意味

「ご多用中恐れ入りますが」とは

「ご多用中恐れ入りますが」とは、忙しいのに申し訳ないと伝えることを意味しています。

表現方法は「ご多用中恐れ入りますがよろしくお願いいたします」「ご多用中恐れ入りますが何卒」

「ご多用中恐れ入りますがよろしくお願いいたします」「ご多用中恐れ入りますが何卒」などが、「ご多用中恐れ入りますが」を使った一般的な言い回しになります。

「ご多用中恐れ入りますが」の使い方

「ご多用中恐れ入りますが」を使った分かりやすい例としては、「ご多用中恐れ入りますがご対応の方お願いいたします」「ご多用中恐れ入りますがご連絡いただけますと幸いです」「ご多用中恐れ入りますがご査収のほどお願いいたします」などがあります。

「ご多用中恐れ入りますが」は、忙しいことを意味する「多用」に、接頭語の「ご」、最中を意味する「中」、「恐れ入る」を丁寧に表現した「恐れ入りますが」が合わさり、忙しいのに申し訳ないと伝えることに意味で使われている言葉です。

「ご多用中恐れ入りますが」はクッション言葉

「ご多用中恐れ入りますが」は、主にビジネスシーンにおいて相手に依頼やお願いをする際に、忙しいのに申し訳ないと伝えるクッション言葉として使うのが一般的です。

クッション言葉とは、伝えたい本題に入る前に一言添えて気遣いを示す言葉のことを意味しています。したがって、相手に対して良い印象を与えることができる言葉です

「ご多用中恐れ入りますが」は目上の人に使える

また、「ご多用中恐れ入りますが」はとても丁寧な表現なので、上司や取引先などの目上の人に対して使うこともできます。

「ご多用中恐れ入りますが」の注意点

「ご多用中恐れ入りますが」を使う上で注意しなければならないのは、基本的にビジネスメールなどで書き言葉として使うのが一般的という点です。そのため、会話などで話し言葉としてはあまり使われていません。

もし、会話などで使いたいのであれば、シンプルな表現である「お忙しいところ申し訳ありませんが」などに置き換えるようにしましょう。

「ご多用中恐れ入りますが」の類語

「ご多用中恐れ入りますが」の類語・類義語としては、相手の忙しさを気遣いながら依頼することを意味する「お忙しいところ恐れりますが」、忙しいのに申し訳ないと伝えることを意味する「ご多忙中恐れ入りますが」などがあります。

「ご多用中恐縮ですが」の意味

「ご多用中恐縮ですが」とは

「ご多用中恐縮ですが」とは、忙しいのに申し訳ないと伝えることを意味しています。

表現方法は「ご多用中恐縮ですがよろしくお願いいたします」「ご多用中恐縮ですが何卒」

「ご多用中恐縮ですがよろしくお願いいたします」「ご多用中恐縮ですが何卒」などが、「ご多用中恐縮ですが」を使った一般的な言い回しになります。

「ご多用中恐縮ですが」の使い方

「ご多用中恐縮ですが」を使った分かりやすい例としては、「ご多用中恐縮ですがご返信いただければ幸いです」「ご多用中恐縮ですがご回答の方お願いいたします」「ご多用中恐縮ですがご出席していただけないでしょうか」などがあります。

「ご多用中恐縮ですが」は、忙しいことを意味する「多用」に、接頭語の「ご」、最中を意味する「中」、相手に迷惑をかけて申し訳なく思うことを意味する「恐縮ですが」が合わさり、忙しいのに申し訳ないと伝えることの意味で使われている言葉です。

「ご多用中恐縮ですが」はクッション言葉方

「ご多用中恐縮ですが」は主にビジネスシーンにおいて相手に依頼やお願いをする際に、忙しいのに申し訳ないと伝えるクッション言葉として使うのが一般的です。

「ご多用中恐縮ですが」は目上の人に使える

「ご多用中恐縮ですが」はとても丁寧な表現なので、上司や取引先などの目上の人に対して使うこともできます。

類語である「ご多用中恐れ入りますが」よりもさらに丁寧な表現なので、よりかしこまった場面においては適した言葉と覚えておきましょう。

「ご多用中恐縮ですが」の注意点

「ご多用中恐縮ですが」を使う上で注意しなければならないのは、基本的にビジネスメールなどで書き言葉として使うのが一般的という点です。そのため、会話などで話し言葉としてはあまり使われていません。

「ご多用中恐縮ですが」の類語

「ご多用中恐縮ですが」の類語・類義語としては、相手の忙しさを気遣いながら依頼することを意味する「お忙しいところ恐縮ですが」、忙しいのに申し訳ないと伝えることを意味する「ご多忙中恐縮ですが」などがあります。

「ご多用中恐れ入りますが」の例文

1.ご多用中恐れ入りますが、ご確認いただきますようお願いいたします。
2.ご多用中恐れ入りますが、ご出席いただけますと幸いです。
3.ご多用中恐れ入りますが、ご教示していただけないでしょうか。
4.ご多用中恐れ入りますが、ご査収いただけましたら幸いです。
5.ご多用中恐れ入りますが、万障お繰り合わせの上、ぜひご参加ください。

この言葉がよく使われる場面としては、忙しいのに申し訳ないと伝えることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ご多用中恐れ入りますが」はビジネスシーンにおいて使われている言葉です。

「ご多用中恐縮ですが」の例文

1.ご多用中恐縮ですが、ご参加いただきますようお願いいたします。
2.ご多用中恐縮ですが、何卒ご確認いただけますと幸いです。
3.ご多用中恐縮ですが、お取り計らいのほどお願い申し上げます。
4.ご多用中恐縮ですが、ご検討いただければと存じます。
5.ご多用中恐縮ですが、こちらの件についてご教示いただけないでしょか。

この言葉がよく使われる場面としては、忙しいのに申し訳ないと伝えることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ご多用中恐縮ですが」はビジネスシーンにおいて使われている言葉です。

「ご多用中恐れ入りますが」と「ご多用中恐縮ですが」はどちらも忙しいのに申し訳ないと伝えることを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、「ご多用中恐れ入りますが」よりも「ご多用中恐縮ですが」の方が丁寧な表現と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター