今日の買取件数:20件/今月の買取件数:380件/累計買取件数:29,226件

【イノセント】と【ピュア】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「イノセント」と「ピュア」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「イノセント」と「ピュア」という言葉は、「純粋な様子」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




イノセントとピュアの違い

イノセントとピュアの意味の違い

イノセントとピュアの違いを分かりやすく言うと、イノセントは無実であることも表現する時に使い、ピュアは素直な様子も表現する時に使うという違いです。

イノセントとピュアの使い方の違い

一つ目のイノセントを使った分かりやすい例としては、「イノセントアートをいくつも飾っているカフェにお邪魔した」「イノセントな愛が受け入れられないところから物語が始まる」「イノセントが証明された人々は解放された」などがあります。

二つ目のピュアを使った分かりやすい例としては、「高価なピュアウイスキーをプレゼントしていただいた」「好みはピュアな人と彼が言っていたのを思い出す」「ピュアであり箱入りである彼女は他の人と少しずれている気がする」などがあります。

イノセントとピュアの使い分け方

イノセントとピュアはどちらも、純粋な様子を表す言葉として使われますが、その他の意味が若干異なります。

イノセントは、純粋な様子や無邪気な様子を表しますが、上記例文の「イノセントが証明された」などのように、無罪である様子や潔白である様子を表す言葉としても使われています。

一方のピュアも、純粋な様子を表しますが、素直な様子も表現することができます。また、人の性格や性質だけでなく、物質の純度に対しても使われています。

つまり、イノセントは無罪である様子に対しても使われ、ピュアは素直である様子に対しても使われるという違いがあります。

また、どちらの言葉も「無知」などの意味で使われることもありますが、英語ではイノセントが、日本語ではピュアがそれぞれネガティブな意味として捉えられることがあるため、これらの言葉を使う際には注意が必要です。

イノセントとピュアの英語表記の違い

イノセントを英語にすると「innocent」となり、例えば上記の「イノセントアート」を英語にすると「innocent art」となります。一方、ピュアを英語にすると「pure」となり、例えば上記の「ピュアウイスキー」を英語にすると「pure whiskey」となります。

イノセントの意味

イノセントとは

イノセントとは、純粋な様子を意味しています。

その他にも、無邪気な様子、無害や無罪である様子を意味する言葉として使われています。

イノセントの使い方

「イノセントワールドが実現することはないのだろうとは思っている」「イノセントカラーは透明感のあるヘアカラーである」「イノセントに色を伴う商品名は多い」などの文中で使われているイノセントは、「純粋な様子」の意味で使われています。

一方、「イノセントな赤ん坊を見ていると心が洗われる心地になる」「イノセントな性格のまま成長してほしい」「イノセントなままでいることは迷惑を掛けることにもなる」などの文中で使われているイノセントは、「無邪気な様子」の意味で使われています。

イノセントは英語で「innocent」と表記され、「無罪の」「潔白な」「お人よしの」といった意味を持つ言葉です。日本語でも同じように使われていますが、イノセントという言葉が日本語として使われる頻度は少ないと言えます。

「イノセントワールド」の意味

上記例文の「イノセントワールド」とは、悪事や悪意などとは無縁である世界を意味する言葉で、楽曲タイトルやファッションブランド名として使われています。その場合はけがれのない世界などと捉えられることもあります。

英語同様に、無垢や無邪気を表す言葉として使われていますが、場合によっては相手の無知やお人よしなさまを表すことにもなるため、その点を留意して用いる必要があります。

イノセントの対義語

イノセントの対義語・反対語としては、ためにならないことや害があることを意味する「有害」、災いを与えるようなよくないことを意味する「害悪」、何をするにも損得を計算してから言動に移す様子を意味する「打算的」があります。

イノセントの類語

イノセントの類語・類義語としては、道徳的に好ましいことや潔白であることを意味する「ホワイト」、ありのままで飾り気のない様子を意味する「素直」、罪に値する事実がないのに罪があるものとされることを意味する「無実」などがあります。

ピュアの意味

ピュアとは

ピュアとは、混じりけのない様子を意味しています。

その他にも、純粋で素直な様子を意味する言葉として使われています。

ピュアの使い方

「ピュアウォーターを飲むためにウォーターサーバーの契約を考えている」「ピュアとつく商品は素材そのものの味を楽しむことができるため積極的に購入している」などの文中で使われているピュアは、「混じりけのない様子」の意味で使われています。

一方、「ピュアな人は危ないことに巻き込まれないか不安になる」「高校生ながらもピュアな男子を可愛がるクラスメイトは多いと思う」「心がピュアなのは良いことだ」などの文中で使われているピュアは、「素直な様子」の意味で使われています。

ピュアは英語で「pure」と表記され、「純粋な」「生粋の」「清純な」といった意味を持つ言葉です。日本語でも同じように使われており、人の心や性質だけでなく、物質の純度に対しても使われています。

「ピュアウォーター」の意味

上記例文の「ピュアウォーター」とは、不純物を含まない水を指す言葉です。ミネラルなどの物質が溶け込んでいるミネラルウォーターとは大きく異なり、飲料水としてだけでなくその他の調理用としても使用されています。

また、他者に対してピュアという言葉を使う場合は、「純粋さゆえに無知である」「世間知らず」といったネガティブな意味を含んで使われることもある点に留意して用いる必要があります。

ピュアの対義語

ピュアの対義語・反対語としては、心の中で悪だくみをする様子を意味する「腹黒い」、性質の悪い様子や人を意味する「性悪」、ずるく悪賢いことを意味する「狡猾」があります。

ピュアの類語

ピュアの類語・類義語としては、清潔な様子や不正などに縁がない様子を意味する「クリーン」、飾り気がなく素直である様子を意味する「ナイーブ」、自然のままであることを意味する「天然」などがあります。

イノセントの例文

1.イノセントカラーは日本人の肌にもなじむようなヘアカラーであるため、黒髪よりも重い雰囲気を感じない。
2.有名アーティストのイノセントワールドをカラオケで歌うのが好きである。
3.あそこまでイノセントな人物と出会ったことはなかったため、逆に疑ってしまった。
4.子どもがイノセントであれるような世界が続けばいいとは思うが、現実そうはいかないものだとニュース番組を見て思う。
5.イノセントであることを明らかにしなければ、友人が逮捕されてしまうという筋書きだ。

この言葉がよく使われる場面としては、純粋な様子を意味する時などが挙げられます。

例文3や例文4のように無邪気な様子を、例文5のように無害や無罪である様子を表す言葉としても使われています。

ピュアの例文

1.市販のものでなければ子どもに合わせてミルクを用意できない時はよりピュアなものを選んであげたらいいのだろうか。
2.肌に有効な成分がピュアなまま届くことで美肌効果が望めると一時期話題になった。
3.ピュアな子の近くにいるだけで心が洗われると同時に日頃の自分が酷い人間に思えてしまう。
4.損得勘定なしのピュアな人が羨ましいと思えるほどには心が汚れてしまっている気がする。
5.いつまでもピュアでいることが良いとも限らないため、年相応の立ち居振る舞いは意識するべきだろう。

この言葉がよく使われる場面としては、混じりけのない様子を意味する時などが挙げられます。

例文3から例文5のように、純粋で素直な様子を表す言葉としても使われています。

イノセントとピュアは、どちらも「純粋な様子」を表します。どちらを使うか迷った場合は、無実であることを表す場合は「イノセント」を、素直な様子を表す場合は「ピュア」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター