今日の買取件数:20件/今月の買取件数:560件/累計買取件数:28,206件

【お休みします】と【休みます】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「お休みします」(読み方:おやすみします)と「休みます」(読み方:やすみます)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「お休みします」と「休みます」という言葉は、どちらも休むのを伝えることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「お休みします」と「休みます」の違い

「お休みします」と「休みます」の意味の違い

「お休みします」と「休みます」の違いを分かりやすく言うと、「お休みします」の方が「休みます」よりも丁寧な表現という違いです。

「お休みします」と「休みます」の使い方の違い

一つ目の「お休みします」を使った分かりやすい例としては、「本日は体調不良のためお休みします」「明日から旅行に行くので今週末のサークル活動はお休みします」「重要な用事があるので明日はお休みします」「明日お休みします」などがあります。

二つ目の「休みます」を使った分かりやすい例としては、「彼は入院することになったので仕事を2週間休みます」「個人的な都合により明日の集まりは休みます」「元気になるまでしばらく配信を休みます」「今日1日は家でゆっくり休みます」などがあります。

「お休みします」と「休みます」の使い分け方

「お休みします」と「休みます」はどちらも休むのを伝えることを意味しており、大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「お休みします」の方が「休みます」よりも丁寧な表現という点です。

ただし、どちらも正しい日本語なので、基本的には好きな方を使って問題ないと覚えておきましょう。

「お休みします」と「休みます」の英語表記の違い

「お休みします」も「休みます」も英語にすると「take the day off」「take paid vacation」となり、例えば上記の「明日お休みします」を英語にすると「I’ll be taking the day off tomorrow」となります。

「お休みします」の意味

「お休みします」とは

「お休みします」とは、休むのを伝えることを意味しています。

「お休みします」の使い方

「お休みします」を使った分かりやすい例としては、「遠方での結婚式に参加するため3日ほどお休みします」「発熱のため本日お休みします」「身体の疲れが取れていないので今週のジムはお休みします」「検診があるので午後からお休みします」などがあります。

「お休みします」は仕事や活動を中断して心身を楽にすることを意味する「休む」の連用形の「休み」に、接頭語の「お」と、丁寧語の「ます」が合わさり、休むのを伝えることの意味で使われている言葉です。

「お休みします」の類語

「お休みします」は仕事、学校、活動などを、何らかの理由で休まなければならないことを相手に伝える際に使う言葉になります。また、丁寧な表現であるので、目上の人に対して使うことができると覚えておきましょう。

「お休みします」の特徴

「お休みします」はメールや手紙などの書き言葉としてだけではなく、電話や会話などの話し言葉としても使うことができるのが特徴です。

「お休みします」の類語・類義語としては、仕事や運動などを一時やめて休むことを意味する「休憩する」、仕事などをやめて心身を休めることを意味する「休息する」などがあります。

「休みます」の意味

「休みます」とは

「休みます」とは、休むのを伝えることを意味しています。

「休みます」の使い方

「休みます」を使った分かりやすい例としては、「ちょっと疲れたので少しだけ休みます」「今日は外出せずに家でゆっくり休みます」「今日はこの辺にして休みます」「ドクターストップがかかったのでしばらく仕事を休みます」などがあります。

「休みます」はは仕事や活動を中断して心身を楽にすることを意味する「休む」の連用形の「休み」に、丁寧語の「ます」が合わさり、休むのを伝えることの意味で使われている言葉です。

「休みます」は仕事、学校、活動などを、何らかの理由で休まなければならないことを相手に伝える際に使う言葉になります。日本の社会では休む際に無断で行わず連絡するのがマナーとなっているので、きちんと連絡するように注意しましょう。

「休みます」は目上の人に使える

「休みます」自体が丁寧な表現なので、ビジネスシーンにおいて上司や取引先の目上の人に対して使うことができます。

例えば、体調が悪くて会社を休むことを上司に伝える際には「おはようございます。本日は朝から体調が悪く休みます」となります。もし、気になるようであれば、さらに丁寧な表現である「お休みします」や「休ませていただきます」を使うようにしましょう。

「休みます」の類語

「休みます」の類語・類義語としては、仕事などを休んで気力や体力を養うことを意味する「休養する」、何の煩いもなくくつろいで休むことを意味する「安息」などがあります。

「お休みします」の例文

1.昨晩から体調不良が続いてるので、本日はお休みます。
2.大雪の影響で交通機関が停止しているので、本日はお休みします。
3.大変申し訳ありませんが、明日はどうしても外せない用事があるのでお休みします。
4.身体の疲れが全然取れていないので、今週のフットサルはお休みします。
5.レポートの課題が溜まっているので、今月のサークル活動はお休みします。

この言葉がよく使われる場面としては、休むのを伝えることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「お休みします」はビジネスシーンにおいても使うことができる言葉です。

「休みます」の例文

1.個人的な都合により明日仕事を休みます。大変申し訳ございません。
2.昨日から体調が中々よくならないので、今日は休みます。
3.徹夜で初詣に行って眠いので、今日一日はゆっくり休みます。
4.作業が区切り良い所までいったので、今日はこのあたりで休みます。
5.緊急入院が決まってしまったので、2週間ほど仕事を休みます。

この言葉がよく使われる場面としては、休むのを伝えることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「休みます」はビジネスシーンにおいても使うことができる言葉です。

「お休みします」と「休みます」はどちらも休むのを伝えることを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、大きな違いはないので、基本的に好きな方を使って問題ないと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター