【優位性】と【有意性】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文
今日の買取件数:20件/今月の買取件数:476件/累計買取件数:2,380件

同じ「ゆういせい」という読み方の「優位性」と「有意性」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「優位性」と「有意性」という言葉は同音の言葉ですが、似ていても意味は大きく異なりますので、ご注意下さい。



優位性と有意性の違い

優位性と有意性の意味の違い

優位性と有意性の違いを分かりやすく言うと、優位性は位置や地位などが他より優れていること、有意性は意味や意義のあることという違いです。

優位性と有意性の使い方の違い

一つ目の優位性を使った分かりやすい例としては、「我が社には驚異の優位性がある」「企業の優位性を高める事業を起こす」「事業の優位性を確保する」「新たな競争優位の獲得に取り組んでいる」「私達の会社には他社よりも優位性がある」などがあります。

二つ目の有意性を使った分かりやすい例としては、「我が社の商品の有意性を伝えました」「この商品は有意性が低いので購入を控えよう」「新たな資格を取ることは私にとって有意性がある」「有意性が高い商品を購入した」などがあります。

優位性と有意性は同音の言葉なのですが、意味が大きく異なっているので注意してください。優位性は位置や地位などが他より優れていること、有意性は意味のあることや意義のあることと覚えておきましょう。

優位性と有意性の英語表記の違い

優位性を英語にすると「superiority」「advantage」となり、例えば上記の「私達の会社には他社よりも優位性がある」を英語にすると「Our company has an advantage over other companies」になります。

有意性を英語にすると「significance」となり、例えば上記の「有意性が高い商品を購入した」を英語にすると「Purchased a highly significant product」となります。

優位性の意味

優位性とは

優位性とは、位置や地位などが他より優れていることを意味しています。

表現方法は「優位性を確保」「優位性を保つ」「優位性を示す」

「優位性を確保」「優位性を保つ」「優位性を示す」「優位性を高める」「優位性を得る」などが、優位性を使った一般的な表現方法です。

優位性の使い方

優位性の分かりやすい例としては、「競合他社よりも優位性があるはずだ」「自社の優位性を高めることは重要です」「競争優位性を確保したい」「自社の優位性を示す実績はたくさんある」などがあります。

「競争優位性」の意味

優位性を使った有名な言葉としては、「競争優位性」があります。競合優位性とは、競合製品より優れた価値を提供したり、低コストで提供できるなどの競争上の優位性のことを意味しています。そのため、優位性はビジネスシーンでよく使われる言葉です。

優位性の対義語

優位性の対義語・反対語としては、他より劣っている地位や位置を意味する「劣位性」があります。

優位性の類語

優位性の類語・類義語としては、勢いや形勢などが他より優れていることを意味する「優勢」、性能や性質などで優れているところを意味する「長所」、有利な点を意味する「利点」、他のものより優れて目立つ点を意味する「特色」などがあります。

優位性の優の字を使った別の言葉としては、他より優れていることを意味する「優越」、自分が他人より優れているという感情を意味する「優越感」、手厚く持て成すことを意味する「優遇」、すぐれた作品のことを意味する「優作」などがあります。

その他にも、非常に優れていることを意味する「優秀」、競技などで一位になることを意味する「優勝」、他を差し置いて先にすることを意味する「優先」、物事に優れていることを意味する「優長」、他より特に優れていることを意味する「優等」などがあります。

有意性の意味

有意性とは

有意性とは、意味や意義のあることを意味しています。その他にも、統計上、偶然ではなく必然である可能性があると推測されることや、そうする意志のあること意味も持っています。

表現方法は「有意性が高い」「有意性がある」「有意性を伝える」

「有意性が高い」「有意性がある」「有意性を伝える」などが、有意性を使った一般的な言い回しです。

有意性の使い方

「有意性のある行動を心掛けよう」「この商品の有意性を消費者に伝えた」「有意性が高い仕事を任せられて嬉しい」などの文中で使われている獲物は、「意味のあることや意義のあること」の意味で使われています。

一方、「統計的有意性の検定を行いました」「統計的有意性が低いです」などの文中で使われている獲物は、「統計上、偶然ではなく必然である可能性があると推測されることや、そうする意志のあること」の意味で使われています。

有意性は意味のあることや意義のあることの意味で使われるのが一般的ですが、研究者の間では、統計上、偶然ではなく必然である可能性があると推測されることの意味でもよく使われています。

「統計的有意性」の意味

有意性を使った有名な言葉としては、「統計的有意性」があります。統計的有意性とは、あるグループ間で平均に差があるという結果になった場合、それが偶然か必然か判断することを意味しています。

有意性の類語

有意性の類語・類義語としては、言葉によって表される内容のことを意味する「意義」があります。

有意性の有の字を使った別の言葉としては、料金が必要であることを意味する「有料」、勢力や勢いなどがあることを意味する「有力」、利益のあることを意味する「有利」、役に立つことを意味する「有用」、将来に望みがあることを意味する「有望」などがあります。

その他にも、才能のあることを意味する「有能」、取り上げて数えるほどに有名であることを意味する「有数」、職を持っていることを意味する「有職」、終わりを全うすることを意味する「有終」、受けた利益に対して代価を支払うことを意味する「有償」などがあります。

優位性の例文

1.FXで勝つには自分に優位性がある場合にのみトレードするのが良い。
2.自分の優位性を高めるために、資格の勉強や仕事上で最大限の努力をする。
3.事業上の優位性を確保するためには、様々な工夫が必要になってきます。
4.会社の利益を上げるには、競合他社には真似できない競争優位性を持つことがとても大切です。
5.自社の優位性を示すには、数字で表すことのできる実績を探すのが一番だ。

この言葉がよく使われる場面としては、位置や地位などが他より優れていることを表現したい時などが挙げられます。

優位性は他社や他人から優れていることを表現したい時に使います。そのため、ビジネスシーンで使われることが多い言葉になります。

有意性の例文

1.統計的有意性があるかどうかを判断するには、より多くの回答が必要になってきます。
2.消費者に製品の持つ有意性を伝えることはとても重要です。
3.この仕事はとても有意性があるのでやり遂げたい。
4.有意性が高い商品を購入してとても満足している。
5.この商品は有意性が低いので購入するのを辞めよう。

この言葉がよく使われる場面としては、意味や意義のあることを表現したい時などが挙げられます。統計上、偶然ではなく必然である可能性があると推測されることを表現したい時にも使います。

例文1は、統計上、偶然ではなく必然である可能性があると推測されることの意味で使われています。例文2から例文5は、意味や意義のあることの意味で使われています。

優位性と有意性どちらを使うか迷った場合は、位置や地位などが他より優れていることを表現したい場合は「優位性」を、意味や意義のあることを表現したい場合は「有意性」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター