言葉の使い方の例文

【恣意的】と【意図的】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「恣意的」と「意図的」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「恣意的」と「意図的」という言葉は、どちらも物事を判断する際に使うという共通点があり、本来の意味は違いますが現在は混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【生かす】と【活かす】の意味の違いと使い方の例文

同じ「いかす」という読み方で、似た意味を持つ「生かす」と「活かす」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「生かす」と「活かす」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。
言葉の使い方の例文

【映える】と【栄える】の意味の違いと使い方の例文

同じ「はえる」という読み方で、似た意味を持つ「映える」と「栄える」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「映える」と「栄える」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。
メルカリの例文

メルカリの無期限利用制限時の謝罪文・反省文

フリマアプリ「メルカリ」では、ごく稀にメルカリの事務局より「無期限利用制限」の通知を受ける場合があります。もちろん、メルカリのルールや規範に則った使い方をしている場合は、そのような通知を受けることはありません。しかし、規約に大きく違反した場合や、小さな違反でも繰り返し行うことで「無期限利用制限」の通知を受けることがあります。
メルカリの例文

メルカリのプロフィール例文/初心者・主婦・学生・社会人など

フリマアプリ「メルカリ」では、メルカリ登録時にプロフィールを書くことが出来ます。簡単な自己紹介などを載せておくことで、人柄が見えることもあり、顔の見えない相手とも気持ちの良い取り引きが出来るようになります。メルカリのプロフィールは、自由に書くことが出来ます。挨拶、自己紹介などの他に、どういった商品を扱っているのか、発送や梱包の方法、連絡が取れやすい時間帯、喫煙やペットの有無について書いている人もいます。
メルカリの例文

メルカリで本を売る時の商品説明のテンプレート

フリマアプリ「メルカリ」では本を出品することも出来ます。買ってすぐに読み終わってしまった新品同様の本だけでなく、問題集など使用感のある本が売れることも多々あります。引っ越しや年末の大掃除などによる本棚の整理、断捨離などの理由で、不要な本が出てくることがあります。小説本などは、一度読んで満足し、新品同様の状態のまま不要になってしまう場合もあります。
メルカリの例文

メルカリで服を売る時の商品説明のテンプレート

フリマアプリ「メルカリ」では服を出品することも出来ます。一度も袖を通していない新品同様の服だけではなく、使用感のある服が売れることも多々あります。毛玉やほつれのある服でも、毛玉の処理が得意な人や、裁縫が趣味の人の手に渡ることで、まだまだ着られる可能性があります。出品者さんは商品ページにしっかりと商品の状態を書くようにして、それを踏まえた上で、購入してもらうようにしましょう。
メルカリの例文

メルカリのまとめ買い希望のコメント例文

フリマアプリ「メルカリ」を利用していると、同じ出品者さんが出している別の商品もまとめて買いたくなる場合があります。購入者さんが商品のまとめ買いを希望することにより、出品者さんは商品ページをひとつにまとめなくてはいけません。メルカリでは、別の商品ページに掲載している商品を同梱して発送することが出来ないからです。
メルカリの例文

メルカリの受け取り評価のコメント例文/出品者・購入者

フリマアプリ「メルカリ」では、商品の取り引きが完了し、購入者さん側に商品が無事に届いた後、出品者さん側と購入者さん側が、それぞれに取り引きについての「評価」を送る仕組みになっています。評価には「良い」「普通」「悪い」の3種類があり、評価を選択すると同時にコメントを送ることも出来ます。このコメントは、出品者さんと購入者さんだけでなく第三者からも見ることが出来ます。
メルカリの例文

メルカリの取り置きの断り方の例文/キャンセルしたい場合

フリマアプリ「メルカリ」で、出品者さん側に商品を取り置きしてもらったけれど、なんらかの理由で購入をキャンセルしたい場合に使えるコメントのテンプレート例文です。出品者さん側と購入者さん側の間で合意がされている場合、出品者さんが購入者さんの専用販売ページを作成して取り引きを行うことがあります。これは、販売中の商品を取り置きしているような状況です。